ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

小指とビブラート

メールでローポジションでの小指とビブラートについての質問を受けた。 そのとき書いた回答を記録しておこうと思う。 ブログの方が写真などを織り交ぜることができるので説明しやすいですね。 質問内容は、「ローポジションでの小指が弱くビブラートが上手くかからない。 いわゆるちりめんになってしまう。 何か良い練習方法はありますか?」ということでした。




【 小指 】
僕も小指には苦労しています。 このデイリーエクササイズにある、Bille Style というやつをゆっくりから初めてできるだけ速く弾けるよう練習してみてください。 そのときの注意事項です。

1、小指を基準にしたウエイトのかけ方

小指を他の指に合わせるのではなく、他の指を小指に合わせる。 そうすると、全部の指にかけるウエイトのバランスが取れてきます。 あとは、毎日の練習で徐々に全体の底上げをするのがよいとおもいます。


2、腕(肘)と指の関係
2指のとき: 腕はネックに対して垂直、又は少しぶら下がった状態にする。 これを基本としニュートラルな状態と考える。 指先から肘まで真っ直ぐなパイプが通った感覚を意識する。
b0180055_1245714.jpg


1指のとき: 腕が2指のニュートラルな状態より下方へ。 
b0180055_1252224.jpg


4指のとき: 腕を2指のときより上方へ持ってくることによって、弱い4指にウエイトがのる。
b0180055_126731.jpg





【 ビブラート 】
スウィングビブラート : ローリングビブラート = 8 : 2 位というのが僕の理想です。 要するにスウィングビブラートの割合が大きいということです。

スウィングビブラート (Swing Vibrato)
缶ジュースを左手に持って振る、シェイクする様な動き。 大胸筋後背筋を使ってシェイクする。 実際は上腕二頭筋上腕三頭筋を使っていますが、より大きな部分である大胸筋後背筋を意識すると上手くいくようです。
b0180055_232358.jpg




ローリングビブラート (Rolling Vibrato)
この練習もしてみてください。 この動きも、実際は上腕二頭筋上腕三頭筋を使いますが、より大きな部分である大胸筋後背筋も意識してみてください。  そして、指先の丸みを意識して指先の丸みに沿った動きがローリングビブラートです。
b0180055_0231249.jpg


ビブラートはこのデイリーエクササイズにあるVibrato とOne Finger Scale を使って練習してみてください。 左親指や左手に力が入り過ぎるとビブラートがかかり辛いです。 リラックスした左手が大切になってきますが、左親指がカウンターポイントの役目を果たすので、親指がネックから離れないよう注意してください。 指先から肘にかけて一本の真っ直ぐなパイプが通った感覚も大切です。 左手首がふにゃふにゃで動いてしまうと、大胸筋後背筋からの動きが指先へ上手く伝わりません。 大きな部分からの動きを無駄なく有効に指先へ伝えることが大切になってきます。 後はSwing とRolling の動きをどの割合で配合するかが問題になってきます。 最終的に左腕が Momentum を感じられるといいですね。 
[PR]
by basshidejp | 2012-02-22 09:22 | 奏法
<< 椅子のクッション 再製松脂 >>