ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

弦を反対側から張ってみる

b0180055_3424913.jpg

このように弦を張った楽器を見かけた事がある。物理的な理由は分かりませんが弦の圧力というか抵抗が増して、パンチのある音になります。弦のテンションが弱くて物足りないと感じられる楽器には、有効な張り方だと思います。勿論、右手と左手への抵抗も増します。

自分の楽器の弦のテンションというか抵抗がなさ過ぎて物足りなかったのですが、この張り方である程度解消されました。次回の楽器調整ではサドルを低くしたい。それまではこの張り方でしのぎます。
[PR]
by basshidejp | 2014-01-08 03:16 | 楽器
<< オルフェウス室内管弦楽団 ウルフ・エリミネイター >>