ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

カテゴリ:室内楽( 7 )

プロコフィエフのクインテット op.39(1924)

ベース弾きにとって数少ない室内楽の一つで、かなりの集中力を要する難しい曲です。

元々、Boris Romanov 率いる旅一座のバレー団のために、Romanov がパリ滞在中のプロコフィエフに依頼し作曲されたのが、”Trapeze Ballet(空中ブランコ)” だったそうです。そして、その一座の伴奏をしていたのが5人からなる小編成の楽団だったらしい。初演は1925年、ドイツの小さな街Gotha(ゴータ)で行われた。Romanovの振り付けによる初演の批評は当時の新聞(the Gotha Daily newspaper)に書かれていたそうです。批評では、”Trapezeはサーカスバレーであり、愉快で空想的、道化的な印象”と書かれていて、Romanovが強調したかった”グロテスク”というテーマを裏付ける内容だったそうです。その他、それぞれのキャラクターについて、下記のような記述が残っていたそうです。

"The tightrope walker floats, the wild beast tamer blazes up wildly; the sailor is clumsy and yet very agile, the King of the air is supple. [...] The clowns are grotesque and vivacious. Th scenery gives you the impression that you are sitting in front of an expressionist picture." (7 November)

その後、8楽章あったTrapezeが、室内楽用として6楽章に再編されたものがQuintet op.39になります。ちなみに、Romanov によるオリジナルの振り付けは消失してしまったそうです。。。




このビデオは1970年にナタリア・レジェンコによって振り付けされたもので、一部のみ。少女がサーカスの世界に魅了され巻き込まれていくストーリー。この映像はQuintet OP.39を演奏する上で非常に参考になるので、DVDを是非見てみたいと思う。おどろおどろしくもあり、不思議な感じなんですね。最後はバレリーナである少女が死んでしまう・・・ 何ともシュールなお話です。




The Trapeze Ballet, (1924)
Overture(序曲)
Moderato, molto ritmato
Matelote(水夫の踊り)
Allegro
The Ballerina(バレリーナ)
Tema con variazioni
Andante energico
Dance of the Tumblers(曲芸師の踊り)
Allegro sostenuto, ma con brio
Adagio pesante
Allegro precipitato, ma non troppo presto
Mourning the Ballerina(バレリーナへの哀悼)
Andantino




そして、The Trapeze Ballet の最初の2曲を省いたのが、以下のクインテットです。

Quintet Op. 39 (1924)
Tema con variazioni
Andante energico
Allegro sostenuto, ma con brio
Adagio pesante
Allegro precipitato, ma non troppo presto
Andantino





個人的には、いくつか出ている録音の中でも特にオーボエの若尾圭介さんとボストン響のメンバーが演奏しているCDが好きです。ベースはエド・バーカーで、これがまた素晴らしい演奏なんです。II. Andante energico の出だしのベースソロなんてもう凄いのなんのって!
[PR]
by basshidejp | 2012-11-14 20:11 | 室内楽

Instant Encore ではティム先生の鱒もここで聴けます。
アバロン弦楽四重奏団ダニエル・エプスティーン(ピアノ)。
[PR]
by basshidejp | 2012-09-19 23:44 | 室内楽

ドボルジャークの五重奏

Instant Encoreでのドボルジャーク五重奏がここで聴けます。

メット首席でジュリアードやマンハッタン音楽院で教えているティム・コブ先生がアリアナ弦楽四重奏団に参加したドボルジャークの五重奏が聴けます。 アメリカ国外からもアクセスできるといいのですが・・・
ちゃんとしたスピカーで聴くと迫力満点です。 ティム先生の素晴らしさは特にそのアンサンブルにある気がします。 音色の豊かさと絶妙なタイミング。 小細工は要らないんだなーと。 ものすごくシンプルで柔軟。 そしてダイナミクスレンジが広い。 
[PR]
by basshidejp | 2012-09-18 09:30 | 室内楽

思慕



ダン・アームストロングはシカゴ響の人ですね。
[PR]
by basshidejp | 2012-09-11 06:36 | 室内楽

ウィバルディー 四季

お客さんが録画しちゃったのがアップされてたので・・・   
2010年、フロリダのキーウエストにて。






[PR]
by basshidejp | 2012-02-07 11:07 | 室内楽

ドボルジャークのクインテット (エドバーカー)


こんなビデオがあるなんて知らなかった。。。
33分位のところからドボルジャークのクインテットが始まります。
録音はいまいちですがエドバーカーの圧倒的な凄さが伝わってきます。
実際、ホールではものすごい音だったんだろうなあ。
[PR]
by basshidejp | 2011-02-14 12:03 | 室内楽

David Anderson's Seven Duets

b0180055_4253844.jpg


David Anderson はLouisiana Philharmonic の首席奏者でJazz ミュージシャンとしても活発に活動している。 このSeven Duets は2つのパートで、ソロが順番に出てきたりして殆ど同じレベルで書かれています。 ベース奏者が書いただけあって弾きやすく、低い音から高い音まで広い音域をフルにつかっています。  そしてユーモアに富んでいて弾く方も聞く方も楽しめる曲だと思う。  ジミヘン、ジャコ、プロコフィエフ的なものが現れたりして変化に富んでいるし、それぞれのタイトルも面白い。 タイトルについては作曲者が少し説明しているので読んでみるといいかも知れません。 お勧めの一曲です。 最近、Tim Cobb 先生とJeff Bradetich さんがこの曲を一緒に演奏したそうです。  Youtubeでもこの曲が幾つかアップされてますね。
[PR]
by basshidejp | 2010-05-04 05:18 | 室内楽