ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Ode To Joy

b0180055_8573577.jpg

むかーーし、日本のオケで第9を弾いたときヨーロッパから来ていたある指揮者に開放弦のDを使わないで弾くか、あまり開放弦の音が目立たないように滑らかに弾いて欲しいと注文された事があった。
このオケスタには悩まされる。。。

最も一般的で昔から使われているフィンガリングは例Aだと思う。
このフィンガリングの難しいところは開放弦Dと他の押さえた音の差をいかに少なくするかにある。
開放弦での弓の使い方には注意が必要で基本的に弓を節約する感じになると思う。
後は、この開放弦にはビブラートがかけにくいので他の押さえた音のビブラートはなるたけ開放弦との差がないように気をつけなければならない。
まったくかけなくても問題はないと思う。
かけてもごくわずかで十分。
少なくとも開放弦Dに隣接する音はかけなくても良いと思う。
それから音程には非常に気をつけなければならない。ほんとーに難しい。。。


Dを押さえると例Cのようなフィンガリングになるのが一般的?なのでしょうか??
確か、ボストン響のバーカーさんはこのフィンガリングで弾くと聞いたことがある。
これはこれで非常にむづい。
Dの音程が不安定で移弦も忙しくスムーズに弾くのが大変。


さて、最近では例Bのように弾く人が増えてきているようである。
このフィンガリングは音程がとりやすい。(何故なのかはわからないが。。。)
4小節目から5小節目にかけて1-1でシフトを含む移弦をしなければならないが、指をフラットにすることにより何とか克服できるし、細かく見れば4小節単位のフレーズの区切りでもあるので問題はないと思う。
ピボットを有効に使えるので移弦さえ上手くいけば中々安定したフィンガリングだと思う。
[PR]
by basshidejp | 2009-09-17 09:45 | オケスタ

Beethoven 9 Recitative

b0180055_0363784.jpg

今シーズンに入っての初レッスンを受けてきた。
今シーズンはとにかくオケスタ。
もうオケスタをガッツリ勉強したい。
スタンダードはもちろんオペラにも手を伸ばせたらよいなあ。

レシタティーブの出だしは少しダウンで弾いてみようかと思う。
オケで弾く場合はアップが良いがオーディションではダウンの方がセーフかと。。。

それから、このレシタティーブには沢山のAppoggiaturaがでてくる。
だいたいAppoggiaturaは強調されて、それに続く音はAppoggiaturaよりでしゃばらないように注意しなければならない。
続く音は減衰することが多いが同じボリュームで弾ききる事もあるようだ。
どちらにしてもAppoggiaturaより大きくなる事は無い。

16小節目と47小節目のOで囲んだ音はAppoggiaturaで続く音は前の音より大きくならないように気をつけなければならない。 


あとは38小節目のfとffの違いに気をつける。
D線のF#は良く鳴る楽器が多いので注意が必要。
[PR]
by basshidejp | 2009-09-15 01:05 | オケスタ

学校

どうしてもレッスンが受けたいのでフロリダのBoca RatonにあるLynn Universityのディプロマコースに在籍しています。
未だに学生!(笑)
オケや室内楽の授業はあまり出たくないんですが、レッスンのために我慢我慢。

アメリカの学校は9月から新学期が始まります。
という事で色々な手続きがあるので学校に行ってきました。

室内楽はベース五重奏に登録されていました。
ベース以外の弦楽器やピアノの生徒にとって弦楽四重奏やピアノトリオは非常に大切なレパートリー。
それから、木管や金管にはそれぞれ沢山室内楽曲があります。

ということで、ベースは非常に邪魔な存在のようで、「ベースはベースで勝手にやってくれ」みたいな感じになってます。
ベース弾きにとってはベートーベンの七重奏、シューベルトの八重奏や鱒、ドボルジャークの五重奏、プロコフィエフの五重奏が数少ない大切なレパートリーなんですが、、、
学校としてはグループ分けをするのが面倒なんでしょう。

個人的にはベースアンサンブルは好きなんです。
でも、五重奏って意外と少ないですよね。

そうそう、この学校のベースの生徒は全部で5人。
その中の二人はボッテシー二のデュエットをやりたいらしいので残りの僕らは三重奏をやることになりそうなんです。
で、どなたかお勧めの五重奏や三重奏があったら教えていただけると幸いです。
どうかよろしくお願い致します。
[PR]
by basshidejp | 2009-09-03 09:35 | レッスン