ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

<   2010年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

デイビッドフィンケル チェロトーク



エマーソンストリングカルテットのチェリスト。
デイビッドフィンケル チェロトーク

こんなのがあったんですね。
知りませんでした。
まだちょっとしかみていませんが非常に興味深いです。
[PR]
by basshidejp | 2010-11-25 02:32 | 奏法

ハードケースを使った実験

b0180055_1527448.jpg


最近オレゴン響のオーディションがあったんですけど一次で敗退。
反省点ばかりです。
あああああって感じですね。

で、そういうときに限って、楽器を弾くこと意外でも変な失敗をしたりします。

オーディションが終わった次の日、楽器をハードケースに入れてレンタカーのミニバンに載せようとしたときなんです。
車の後ろにハードケースを立てておいてから、ハッチバックを開けていたときにケースが倒れた。
しかも駒側から。
駐車場が少し坂になってたんですが全然頭が働きませんでした。
小雨が降っていてかなり投げやりな心理状態でもありました。
アホですね。
ぼーっとしていました。

かなりの衝撃だったとおもいますが、エクステンションの黒檀でできたEレバーが割れただけで楽器は無事でした。
ハードケースはデイビットゲイジでムーラディアンのケースに楽器を入れて納めてありました。
他の三つのレバーはクローズの状態にしてあったのですが、Eレバーだけはオープンの状態でした。
レバーは全部クローズの状態で入れたほうがよいのかなあ??

楽器屋のロバートソンに電話して聞いたところ、それぞれの楽器にあわせてレバーは作られているそうな。
なので、壊れたレバーを郵送すれば、それを元に新しいのを作って送ってくれるそうです。

いや~大事に至らなくてよかったけど無駄な出費だなあ。。。
まあ、ハードケースってのはなかなかしっかりできていて楽器を守ってくれるということは分かりました。
きっとエクステンションがなければ問題はなかったんでしょうね。
[PR]
by basshidejp | 2010-11-21 15:31 | 楽器

NYC

b0180055_1148843.jpg

ティムコブ先生のレッスンを受けに、日帰りでNYに行ってきました。
NYでの滞在時間は12時間。
2時間のレッスンの他はチャイナタウンで朝食&夕食。
あとはブックオフで日本の本を買い込み、日本式のケーキや惣菜が売っているカフェで休憩。
ユニクロや紀伊国屋もあって楽しかった。

レッスンはメットの地下室で、楽器はティムさんのイタリアンを借りました。
素晴らしい楽器だった。
メットのメンバーの楽器はどれも名器ばかり。
コンサートも聴きたかったなあ。

そうそう、肝心のレッスンは色々なオケスタをみてもらいました。
とにかくスタンダードなスタイルを理解すること。
いくつかのよいレコーディングを聴いてテンポを設定するのも大切。
それから、ビブラートとフレンチボウはかなり安定してきたようだ。
非常に疲れたが行ってよかった。
細かいことは書き留めたりして忘れないようにしなければ。
やはり目の前で弾いてもらえるのは何よりですね。
非常にインスパイアーされました。
ああ~、とにかく練習したい。


b0180055_12421961.jpg

朝飯に海老ワンタン麺。
確か前回NYでレッスンを受けたときも同じものを食べた気がする。。。

#一番上の写真はメトロポリタン歌劇場。
[PR]
by basshidejp | 2010-11-07 12:55 | レッスン

CD

b0180055_914794.jpg

今年の5月にナクソスからリリースされました。
ニューヨークでかなり短い時間で録音されたそうです。
ロンドン在住のマーティンさんはNYで楽器を借りたそうな。
そして、マーティンさんと言えばボッテシー二に造詣が深い。

これは本当にエレガントな演奏です。

NAXOS.COM
[PR]
by basshidejp | 2010-11-03 09:26 | 演奏家