ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

<   2011年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

コンテンポラリー 弓メーカー

コンテンポラリーな弓のメーカーも沢山あるんですね。
価格もさまざま。
気になるところをリストアップしてみます。

現在、アメリカで最も人気のある弓製作者はスー・リプキンスでしょう。
予約は4年先まで一杯だとか。。。
知り合いの弓を弾かせてもらったことがありますがバランスがよく先から元までよく発音してくれる弓でした。
Sue Lipkins

カナダのリード・ハドソンも有名ですね。
アメリカのメジャーオケの中で必ず一本は使用されているのではないかと言われています。
僕もジャーマンボウを所有してましたが素晴らしい弓でした。フレンチも然り。
Reid Hudson 

イタリアの有名所はルッキですよね。
弾いたことがありますが、力強さとしなやかさを備えた弓でした。
Giovanni Lucchi 

イギリス出身のマイケル・タイラーは現在スペイン在住で、ベースの弓は年に数本だけ製作しているようです。 まだ弾いたことはないのですが、大変良い評判を聞くのでいつか試してみたいですね。 
Michael Taylor 

そのほか。
Rodney Mohr (USA)
Steven Reiley (USA)
Marco Pasquino (イタリア)
Jean Grunberger (フランス) 
Armin Seebass  (フィンランド)
Lorenzo Lazzarato (イタリア)
Emilio Slaviero (イタリア)
まだまだありますが、疲れてきたのでこのへんで。。。
[PR]
by basshidejp | 2011-06-18 23:12 | 楽器

ジェイムス レバイン

追記です。
どうやらアメリカ国外からは視聴できないようです。

ジェイムス レバインのドキュメンタリーフィルムです。
インタビューやメットとのリハーサル風景をみることができます。

我が家のDSLの調子が悪いのか?ただ単にDSLが遅いからか?この動画がうまくみられない。。。
でも、止まりながらも少しみてみましたが非常に興味深いです。
もっと速いサービスに切り替えたいなあ。

6月15日まで視聴できるそうです。

James Levine: America's Maestro


[PR]
by basshidejp | 2011-06-05 05:48 | 演奏家