ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

<   2012年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

毛替え

Robert Dow の毛替えを数日前にした。 限りなく黒に近いミックス。
もともと短めが好きなのですが、もうかなり湿度の高いフロリダなので超短めにしてくれました。 毛は強く、松脂ののりもよいのでしっかり弦を捕まえてくれていい感じです。

*色々な人に聞いたところ”Dow”は”ダウ”と発音するそうです。汗
b0180055_15533838.jpg



今日はマイアミビーチにあるホテルで結婚式の仕事だったのですが、13時間も拘束されホテルに缶詰状態・・・ 控え室とステージの間を楽器を担いで何度も往復させられぐったりでした。
セレモニーは屋外でビーチを見下ろす位置にあるパティオだったのですが、ものすごい湿度で益々ぐったり。
本当に楽器が心配で落ち着きませんでした。 過酷な仕事用に安くて丈夫な楽器が欲しいと心から思いました。 

しかし、結婚式も宗教やお国、人種により様々ですね。
今回はユダヤ系だったのですが中々興味深かったです。
控え室ではコーシャー(Kosher)の食事が供されたのですが、個人的には物足りなかった。 健康的な食事なんでしょうが、肉が無かったからなあ。。。
 
[PR]
by basshidejp | 2012-05-15 17:03 | 楽器

弦を張り替えた #2

新しい弦には油のようなものが表面に残っていてるので、左手が黒く汚れ、弓の毛は弦の上をつるつる滑ってこまります。 なので、アルコールを布につけて拭いてから弾くといいですよね。
そのアルコールなんですが、アメリカで購入できる消毒用のものは油分が含まれているそうで、弓の毛には良くないみたいです。 で、弓職人さんは”Denatured Alcohol”を使うようです。 これは日本語の訳を調べてみると”変性アルコール”なんて出てきました。 僕にはまったく何のことだかわからないのですが・・・・
とにかく、医薬品の消毒用アルコールは弓の毛にはあまりよろしくないということみたいです。 
[PR]
by basshidejp | 2012-05-09 23:32 | 楽器

弦を張り替えた

カプランが気になるけど浮気せずにいつもの弦に張り替えた。
ちょっと大切な本番が控えてるのであえて冒険は避けました。
エクステンションの4弦だけベルカント。
b0180055_422063.jpg

ちょっとした疑問。
この白いフェルトみたいなやつは取り除いた方がいいのでしょうか?
音的には余分なものが無いほうがいいような気がするのですがどうなんだろう。
たいした差ではないでしょうがちょっと気になりました。
b0180055_464330.jpg

で、今回は取り除いてみた。
なんとなく、ほんのちょっとだけですが、弦の振動が楽器に伝わるような気がする。
本当にちょっとだけですが・・・
みんなどうしてるんだろう??
b0180055_495460.jpg

[PR]
by basshidejp | 2012-05-08 04:12 | 楽器