ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ドルフィン・テールピース

b0180055_1403949.jpg


ワイヤーテールピースの劇的な効果に驚き暫く弾いていたのですが、音色の幅に満足がいかなかった。ワイヤーテールピースに変えた後に、もうちょっと弦や魂柱のセットアップ等、全体を検討し直せば満足のいく結果が出たかもしれないのですが・・・・・

その後、色々なテールピースを調べてみたのですが、意外と選択肢が少ない。
そこで、山口ベースさんにお願いしてオリジナルのテールピースを製作してもらう事にしました。ただ、お願いした当初は写真のようなデザインにはなっていませんでした。とにかく、軽い素材で駒や表板の自由を妨げず、音色にも幅のあるものが欲しかった。写真のようなデザインになるまでには、山口さんから沢山の事を教えていただきました。特に強度についてのアドバイスは木と楽器を知り尽くしている人ならではのものでした。改めて、お礼を申し上げたいとおもいます。

  
さて、スペックは長さ34cmで重さ160g。素材はメープルで黒檀のインレーとマザー・オブ・パールが入ります。ワイヤーテールピースと木のテールピースの良いところをできるだけ生かそうと考えました。以前、自分でワイヤーテールピースを製作したときに、アフターレングスの様々な調整と実験を試みた結果今回のようなデザインになったように思います。4弦に向かってアフターレングスが長くなっているのは各弦の振幅の違いを考慮したためです。結果、通常あるアフターレングスが同じ重い黒檀のテールピースに比べて低い弦に向かってサステインが長くなっていきます。サステインが長くなるということは、自由度が増していると考えてよいと思います。ただ、こればかりは奏者の趣向や意見が分かれるところでもありますが、音量の増加、音色、弾きやすさ等は満足の行く物になりました。

b0180055_14491041.jpg

テールピースの自由度を考慮して、テールコードは表に出るタイプ。バロックでよく見かけるテールピース・システムを採用しました。ここで書くと長くなるので割愛しますが、バロックのテールピース・システムには良い面がたくさんあります。

写真をみていただくとお分かりになるとおもいますが、インレーや細部の掘り込みの美しさがほんとうに素晴らしいです。自分の妄想を現実の物へと変えてくださった山口さんの知識と技術、忍耐力と実直な人柄に改めて敬服、感謝いたします。


山口ベースさんのリンクはここです。
yamaguchi bass
[PR]
by basshidejp | 2013-02-26 00:45 | 楽器

テールピース・コード

b0180055_14105874.jpg

以前コメント欄で教えていただいたので、Kevlarの(径4㎜)を探してみたのですが見つからず。。。
代わりに、Vectran (径4㎜)が手に入ったので装着してみた。
径4㎜のロープ は手持ちのテールピースの穴を通らなかったので電動ドリルで拡張しなければならなかった。
そして、ロープを結んで長さを決めていく作業は大変。。。
この楽器は、アフターレングスをできるだけ長くすると良い結果が出ているのでそのようしたかったが、弦を張っていく過程で結び目が段々締まっていくからか?予定より1cm程テールピースコードが長くなってしまった。
b0180055_14113115.jpg

そして、音程が落ち着くまで一晩かかりました。
音は中々良い感じです。
印象としては、音が丸い感じになるのかな。
テールピースもより自由になった感じがします。


今まではスティールのAir Craft Cableを使用していました。
スティールの方が断然装着し易いですね。
長さの調節が容易です。
装着して直ぐにチューニングしても音程が安定するのもストレスが少なくてよいです。
ただこの手持ちの黒檀のテールピースとスティールの組み合わせだと、ロープが通る穴の中でノイズが発生することがありました。(なぜかDの開放弦に反応・・・)
Vectranに替えたらノイズが消えたのは良かった点です。
[PR]
by basshidejp | 2013-02-16 14:52 | 楽器

ジョン・ヘッジーズのベース・コンチェルト



フィラデルフィア響、副首席奏者のジョセフ・コンヤーズさんがリッチモンド響とこのコンチェルトを演奏するそうでうす。
このビデオは作曲家とコンヤーズさんが曲の抜粋を弾きながら解説をしています。

テーマは「祈り」ということで、1楽章はジョージア州サバンナの暑い気候の中、雨を乞い救済をもとめる祈り。(コンヤーズさんはジョージア州サバンナの出身)

2楽章はコンヤーズさんがアフリカン・アメリカン・バプテスト教会(サバンナ・ジョージア)で歌われていた賛美歌を聴いて育った話を基に書かれていて、特にオケパートには即興的な演奏も含まれている。

3楽章はハリケーン、賛歌、ジャズ的な要素が絡み合ってできているそうです。

短い解説と抜粋を聞いただけですが、なんだか素敵な曲だと思いました。
聴きに行きたいけど、家からリッチモンドは遠いので行けないなあ・・・・


話は変わりますが、コンヤーズさんの楽器についているミュートはハイブリッド・ミュートなのかなあ・・・・?(謎)
[PR]
by basshidejp | 2013-02-15 01:42 | 演奏家

フレーズ

「常にフレーズを意識した方がより簡単になる」

ある指揮者の方が室内オケのリハ中に仰った言葉です。
何だか非常に心に残った言葉でした。
またあの人の指揮で演奏したい。
[PR]
by basshidejp | 2013-02-09 13:39 | 演奏家