ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

<   2014年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Magic Rosin Ultra

b0180055_13465228.jpg

今まで、オールラウンド又はバイオリンやチェロ用の松脂はコルスタインとピラストロしか使った事がないので幅広い比較はできないのですが、Magic Rosinは素晴らしい松脂です。

特に暑く湿度の高いこの時期非常に良い仕事をしてくれています。
とにかく音が良く、多く塗ってもノイズがでません。
この音のクオリティーでグリップがしっかりしているのは特筆すべき点かと思います。

ソロだったらこれだけでもイケるんではないかと思いますが、ベース用の松脂(ポップス、コルスタイン、サルツマン)とも相性がよく、洗練された音色を得つつ、余りグリップを失なわないのが非常に良いところです。

b0180055_13465374.jpg

b0180055_13465437.jpg

[PR]
by basshidejp | 2014-05-21 06:29 | 楽器

テンションの調整

テンションと言うか弦の抵抗がなさ過ぎて非常に物足りなく弾き辛かった。ペラペラした感じで箱が鳴っていない印象があったのでジョエラベースと言う近所のショップへ調整をお願いした。



1、結果サドルを1inch(2.54cm)低くしてくれた。

2、テールコードをワイヤーにすると弦の抵抗が増すらしいので、科学繊維系からステンレスへ交換。

3、魂柱を調整して音をタイトにしてもらった。必要なら新しい物をとお願いしたのだが、位置調整だけで済んだ。

b0180055_1130191.jpg



やっと思ったような結果が出て満足です。
もっと早いうちにお願いすれば良かったと後悔。。一体何年放置してきたのだろうか…。
弦をテールピースの反対側から張ってテンションを上げていたのですが、これで普通の張り方に戻すことが出来ました。
魂柱調整のおかげか、下から上まで均一に鳴ってくれます。大変弾きやすく、楽器の(特に箱の)振動が体に伝わってきます。
[PR]
by basshidejp | 2014-05-19 13:54 | 楽器

Magic Rosin

既に日中の外気温が30℃近いフロリダです。
室内は一年中エアコンがオン状態なので、室温はある程度安定していますが、湿度が増し松脂に影響します。
温度計を持っていないので分かりませんが、室内は26℃位なのかなあ?
今度、温度計を買ってこよう。。

そういえば、Salzman#10は気温が高い中で良い仕事をしてくれます。
パウダー感がしっとりして和らぎますね。グリップがハンパないです。


さて、この位の気温になってくるとベース用の松脂と並行してチェロ用も時々塗っています。

以前、ダーシュンのサイトにコルスタイン(ベース)とピラストロ(チェロ)を使用していると書いてあったのに影響されてピラストロを試した事があります。コルスタイン(チェロ)はマーク・モートンの影響でしばらく使っていました。

特に夏は、チェロ用の松脂をポップスやコルスタインと併用するといい感じです。

で、今夏は、Magic RosinのUltraを使っています。
これが非常に良い松脂なんです。
透明に精製された松脂で混ぜ物が一切入っていないそうです。
そのおかげか、粒子が細かくグリップもしっかりしています。グリップがありつつ音が良いのが素晴らしいです
これなら年間通して使えそうな気がするので冬場も試してみたいです。

Magic Rosinは3G とUltraの2種類があります。Ultraの方が柔らかく3Gよりグリップがあるそうです。
一応オールラウンドでバイオリンからベースまでと書いてあります。
ベースにはUltraがいい感じです。


ポップス、コルスタイン、サルツマン等のベース用でグリップを調整しつつ、Magic Rosin(Ultra)で音色を整えながら気温と湿度に対応する使い方が良さそうです。

写真はサンプル用のMagic Rosin(Ultra)。送料を払えば無料のサンプルを送ってくれます。
透明な松脂なんですが、容器の底が青いのでこんな風に見えます。
デザインも色々あるので子供に良いのではないでしょうか。
b0180055_4553566.jpg

b0180055_4553621.jpg

[PR]
by basshidejp | 2014-05-10 13:03 | 楽器