ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

キャンバー

b0180055_22552517.jpeg
先日、毛替えをしてもらった弓を受け取りに行った際、
「次回は反りを入れた方がいいかもね。弓中が弱くない?」なんて言われた。

この弓を手に入れた時から弓中に少し不満があったが、キャンバーを調節すればいいなんて知らなかった…………

早速、キャンバーを調節してもらったら格段によくなった。

もっと早く相談すれば良かった!



[PR]
# by basshidejp | 2015-12-20 22:54 | 楽器

弓に付けるチューブ

b0180055_121474.jpg

左:黒いシリコン製の熱収縮チューブ
(収縮前の内径は15mmで壁の厚さが1mm。収縮率は1.7:1で内径9mmまで収縮可能で、その状態での厚さは1.7mmになる)

しかし、内径15mmだとほんの少し収縮しただけでスティックにフィットするので壁の厚さは殆ど変わらず1mm程と非常に薄い。

右:ラテックス
(内径1/2インチ、外径5/8インチ、厚さ1/16インチ)
*1/16インチ=1.587mm

最近入手した左のシリコンチューブがとても良い。程よい吸い付き感で演奏中の微妙なグリップの修正や調節が可能。しかも1mmと薄いので弓の振動も感じやすい。

右のラテックスは吸い付きが非常に良く親指が安定して楽だが、演奏中に人差し指を調節するのには不向き。

b0180055_1214999.jpg




様々なチューブ
b0180055_12141118.jpg

AとBは同じサイズ。(内径1/2インチ、外径5/8インチ、厚さ1/16インチ)

Aは皮に近い感触の少し硬いラテックスでシリコンよりグリップが滑りやい。

Bは普通のラテックスでこの中で最も良く吸い付く。

Cが今回入手した熱収縮シリコン。程良い吸い付きなので人差し指の調節が可能。まだ長く使って無いので確かではないが、ラテックスより丈夫で穴が空いたり擦り減り辛そう。

Dは厚さが1/8インチ(3.175mm)と厚めのラテックスなので個人的には使い辛い。吸い付き感はBとほぼ同じ。



#この様なチューブを使うのはフレンチ弓だけだと思っていたが、ジャーマン弓に付けている人をたまーに見かける。
[PR]
# by basshidejp | 2015-05-25 13:02 | 楽器

スツール

仕事仲間が使っていたスツールが気にってAmazon(USA )で即購入。
商品名はSpace Saver Stool。
送料無料で$81.39
高さは26-30インチで2インチ毎に調節可能。
座面は12インチと小さく、足を置く場所が座面の外側に出ているのが非常に良い。
以外と軽量なので運び易い。
b0180055_1226382.jpg

b0180055_12263964.jpg

b0180055_12264080.jpg

b0180055_12264097.jpg

[PR]
# by basshidejp | 2015-04-23 08:34 | 楽器

シルバー・チップ

b0180055_2232443.jpg


アメリカへの象牙の持ち込みが厳しくなり、楽器もその対象になったのはここ1~2年だろうか?


税関の方々がエレファント・アイボリーとマンモス・アイボリーを見分ける事が出来るのだろうか?

面倒に巻き込まれるのは御免なので象牙のチップをシルバーに変えた。

チップの重さは調節が可能と言われたので、ほんの少しだけ重くしてもらった。
結果は狙い道理で機能的にも満足だ。
ただ、本番で弾いてみて初めて気が付いたのだが、照明が反射する事が稀にある。
まあ、シルバーのリングも反射する事があるし、そんなに気にする事は無いかな。
[PR]
# by basshidejp | 2015-03-19 12:48 | 楽器