ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

左手の形

「メカニックなパッセージでは指を立てるが、リリカル、メロディックなパッセージでは指をねかせる。 しかし、特にベースの場合はハイポジション(親指ポジション)で指をねかせない。」by TC


チェロ奏者はハイポジションで指をねかせる事が多々あるが、ベースの場合はあまりねかせない方が良いという意見。
もちろんベース奏者の中にもハイポジで指をフラットにねかせる人は大勢いる。
ダーシュンのリサイタルを聞いた時、彼はかなりフラットにしていたように思う。
チェリストだがヨーヨー.マもかなりフラットで、指の肉をたっぷり使っている感じ。

他のベース奏者でもハイポジでフラットにした指を好む人はいる。

個人的には音程の正確さなどにおいて、今のところハイポジでは立てたままの方が上手く行く事が多い気がする。指の肉をたっぷり使えるのは理想ではあるけど。。。
ベースの場合は難しいようだ。
[PR]
by basshidejp | 2009-05-26 23:05 | 奏法
<< アルコールとミネラルオイル What is Belcanto? >>