ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

Rubber Tubing

b0180055_23541180.jpg
チェロでも見かけるが、ベース奏者の中にはこのようにゴムやシリコンでできたチューブを弓にはめている人がいる。

理由は色々あるようだ。
持つところが太いのを好む人。
滑らない。
フロッシュにあたる親指が楽。
弓のバランスなどなど。

しかし、このチューブをはめるのが意外と大変。
弓職人の方に聞いたところベイビーパウダーを使ってはめるそうだ。

プラスチックなどの容器にベイビーパウダーをいれチューブの内側にまんべんなく粉をつける。
そうするとチューブをはめやすいようだ。
b0180055_2357513.jpg

[PR]
by basshidejp | 2009-06-11 00:02 | 楽器
<< Goal Preparation Ed Barker インタビュー >>