ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

Goal Preparation

Jeff Bradetich が音楽雑誌に書いた記事の中でGoal Preparation という事について説明している。
ゴールに向かっての準備?

下のように3つの音が並んだ場合。

#1のようにスラーが3つの音にかかった場合は1つめの音の後にシフトすることを薦めている。
しかし、#2のようにスラーがかかった場合は二つ目の音の後にシフトすると音楽的だと言っている。
b0180055_8103041.jpg



さて、実際に弾いているといろいろ悩んでしまう。。。
下はプルチネルラのベースソロの一部。
Goal Preparation のルールに従えば上段のフィンガリングになるかなあ。
結構良いと思いますが、シフトの回数が多いと失敗するリスクが高くなってくる。
でも、全ての音にビブラートがかけられるのは良いかなあ。
音色も良いかも。
b0180055_8362147.jpg

下段のフィンガリングは三つ目の最後の音は親指を使う。
これは、シフトが少なくて中々綺麗に響く。
ビブラートはいまひとつですが。。。

悩むなあ。
もうそろそろフィンガリングは決めたほうがいいなあ。。。
今回は親指を使おうかなあ。
[PR]
by basshidejp | 2009-06-13 08:51 | 奏法
<< ピアノの配置と立ち位置 Rubber Tubing >>