ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

左肘

レッスンで指摘された左手首と肘の問題に注意しながら練習している。

肘から左手首まで一つのユニットになった感覚で弾くとビブラートだけではなく音程やシフトも上手く行くようだ。
もちろん左手や指は力を入れて握ることなく適度にリラックスしている。

もう少し意識を広げると肩から二の腕が一つのユニットになっていて、肘から先のもう一つのユニットをリフトしてあげる。

肘で弦を押さえる。
ビブラートもしかり。(肘でかける)
シフトも肘で。

ついつい指先だけに意識が集中してしまうので注意しなければ。
課題曲を弾く事で頭が一杯になりがちだが、こういったことも平行して練習するのがよいのだろうか?





またまた関係ないが、ベース弾きは飲んだり食べたりするのが好きな人が多いと思う。
多分これは世界共通なんでは?

NYの知人に教えてもらったチキン&ライス。
53rd st と 6 Ave にある屋台。
他にもいくつかあるがここのが一番美味いらしく行列ができる。
知人曰く、「しこたま飲んでから夜中の1時過ぎに食べるのがベスト」とのこと。
教えを守り飲んでから食べに行ってみた。
ラッキーな事にそれほど待たずに買えた。
6ドルぐらいだったと思う。
ジャンクなんだけど中毒性がある。
量も凄い。
カミさんとシェアーしたのだけれど、飲んだ後にはちょうど良い量だった。
自分で辛さが調節できるので白いソースとチリソースは別の容器に入れてもらうのがよいかも。
b0180055_2463339.jpg

Youtubeにも。

[PR]
by basshidejp | 2009-06-26 02:59 | 奏法
<< 弓の毛がえ 左手首 >>