ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

バッハの1番でのExtension

もう、7月です。。。
すでに緊張というか焦りが。。。
いや開き直っている感じかな。。。
よく分からない精神状態です。。。

オケの曲に限らずソロでもエクステンションは有効に使えます。
例えばバッハの1番。
エドガーメイヤーの録音を聞くとその効果が良く分かります。
アメリカで名教師と言われるPual Ellison 先生も、「バッハを弾くときはハーモニクスをできるだけ有効に使え」と仰っていました。

例えば下の楽譜はプレリュードの一部。
エクステンションをオープンCにセットして、赤丸のCをC線1/2にあるハーモニクスで弾くと響きが非常によく難しいシフトも楽になります。
b0180055_1334086.jpg


アルマンドも然り。
下の楽譜の赤丸。
C線1/2より上にあるGをハーモニクスで弾くとG線の開放やD線で押さえたGよりもバロックに合った響きが得られるように思う。(個人的な趣味ですが)
シフトなしで弾けるのも良いし、なんと言っても音程が確実。
b0180055_1405096.jpg


念のために追加
楽譜の記載より一オクターブ上て弾きます。

あともう一つ赤丸をつけるのを忘れていました。
2つ目の楽譜の赤丸Gから4小節目の1泊目にかけて同じパターンがあるので、それもGのハーモニクスで弾くことができます。
[PR]
by basshidejp | 2009-07-06 01:46 | エクステンション
<< シューベルトのdim.とdec... C-Extension の使用例? >>