ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

シューベルトのdim.とdecresc.

シューベルトは dim. と decresc. を使い分けていた様だ。
アルペジオーネソナタや鱒の楽譜を見ると分かるが、dim.のついているフレーズは少しだけゆっくりになる。
これはTC先生に聞いた話でもあるが、「I don’t have a strong opinion for that.」とも仰ってました。
そういうことを気にする演奏家もいるので知っていて損はない程度の問題だとも思う。
しかし、シューベルトがどのように考えていたか知る手助けにもなり大変興味深い。



Youtube でみる事ができるバイオリンのクレーメル、ピアノのキーシン、ベースのポッシュの鱒のリハーサル。
クレーメルが最近のリサーチを踏まえてシューベルトのdim.について話している。
dim.のフレーズはかたくならずに少しゆっくり(slow down)することを提案していて興味深い。
ほんのちょっとだけフレーズが落ち着く感じになるようだ。

[PR]
by basshidejp | 2009-07-09 00:27 | 楽譜
<< スペイン バッハの1番でのExtension >>