ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

言葉

初めて訪れたバルセロナ。
ホテルや空港はOKでしたが、タクシーやレストラン、スーパーマーケットでは英語が通じない事がほとんど。
皆とってもフレンドリーでよく話しかけられるのですが、スペイン語。。。。
少しは勉強してくるべきだった。。。。

壊れた楽器を楽器屋に預けてきた。
応急処置で何とか弾ける状態にしてもらえるらしい。
友人が通訳をしてくれたので助かった。
オーディション本番の日には出来上がるようだ。
この後にあるリスボンのオーディションで使える事を祈るばかり。

どうも、この店はベース奏者にはあまり評判の良くない楽器屋さんらしい。。。
オケの人たちは修理に出すときはバルセロナ外にある楽器屋にもっていくと言っていた。。。
まあ、贅沢は言ってられません。

エクステンションを取り外してE線をつけてもらおうかとも思ったのだが、E線も手に入らないらしい。。。
Eを押さえるレバーが壊れてしまったので新しいナットをエクステンション上のEにも作ってもらう事にした。
どうもこの楽器屋さん、始めてエクステンションをみたらしい。
どうなる事やら。。。

しかし、腹は減るんです。
ホールで練習した後のビールとワインがせめてもの楽しみかな。
b0180055_8552297.jpg

BARとかタパス呼ばれる居酒屋があちこちにあって深夜でも簡単に食事ができるので便利。
しかし、ここでも英語が通じなかった。
それでも、お客さんや店員さんがどんどん話しかけてくるれるのは嬉しい。
[PR]
by basshidejp | 2009-07-12 09:06 | オーディション
<< バルセロナ スペイン >>