ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

Vandersall Edition

この2ヶ月、ヨーロッパでのオーディション準備のためまったくバッハの練習をしなかったが、新たなアメリカでのオーデションのために、2日前からバッハの練習を始めた。
今回は組曲の1番からAllemande とMenuet にしようと思っている。
僕が使っているのはVANDERSALL EDITION
b0180055_54458.jpg

これはスラーやフィンガリングの記載がない裸の譜面。
自分の思ったように書き込めるので便利だ。
以前、チェロの先生にこの曲をレッスンしてもらったことがある。
その時、そのチェロの先生もやはりこの楽譜を使っていると仰っていた。
なんでも、先生は何もマークのない楽譜(スラーもフィンガリングの書き込みのない)をみながらフレーズやフィンガリング、スラーなどを思いつくままに即効演奏をして楽しんでいるようだ。
毎日、違った発見があって尽きる事がないと仰っていた。
レッスンの時にはフレーズやスラーのつけ方についての色々なアイデアを教えていただき大変ためになった。
今の僕にはまだ無理だが、いつかこの曲をそんな風に弾いてみたいものだ。
[PR]
by basshidejp | 2009-07-27 05:19 | 楽譜
<< Can you feel it? Alabama >>