ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

弓先

弓と駒は平行になるようにとよく言われる。
これはこれでどの角度が平行なのか判断するのが難しいときもある。
フレンチもジャーマンも弓先で駒に対して平行であるのを保つためには何かしらしなければならない。
フレンチの元ではアーチを描いていた手首が先に行くにしたがって内側へ凹む感じにすることにより並行を保つことが可能になる。
これも演奏者の体格(身長や腕の長さ)、楽器の大きさ、弓の長さによって度合いが変わってくる。
バイオリンやチェロでも弓元と弓先では手首のアーチが変化する。
b0180055_11142378.jpg

b0180055_11143535.jpg
b0180055_11144933.jpg

[PR]
by basshidejp | 2011-02-28 11:15 | 奏法
<< 逮捕されそうになった。 ロードウォリアー >>