ブログトップ

Bassistの備忘録

bassworld.exblog.jp

Salzman

Salzman
b0180055_1413448.jpg

話題のSalzmanを試して二日目です。
b0180055_14134666.jpg

見た目はポップスに似ていてサイズも同じです。
b0180055_14134527.jpg

購入したのは一番ソフトな#10。
市販されている松ヤニの中では一番粘着性がある感じですが、それ程ベタベタした感じではありません。

引っ掛かりが良くマルテレやスピッカートなどに適しています。
ロングトーンでもざらついた感じは少なくスムースですが、やはり塗り過ぎでダマになっている場合はそれなりにざらついた音がします。
でも、松ヤニのダマを爪などを洗うためのブラシなんかで軽くブラッシングすると殆ど問題ありません。
b0180055_224583.jpg


それから、マイナス点かどうか分かりませんが粉っぽいものが弦や表板に残ります。
ただ、乾燥したものではなくしっとりしたタイプの粉っぽさです。

春から夏にかけて室温や湿度の高いフロリダでは#8か#9位が丁度いいかもしれないので試してみたいと思っています。


因みに、今日あった本番の会場は異常に冷房が効いていて冷蔵庫の中にいるような寒さでした。
冷たく乾燥した会場で咳や喉の痛みを訴える同僚も居たほどです。
そんな中、Salzman#10はポップスやコルスタインより良い仕事をしてくれました。
寒い時は#10が頼りになりそうです。

松ヤニのレシピは通常公開されていませんが、殆どの柔らかいベース用のものにはワックスが入っているそうです。
それで、嘘か本当か分かりませんがSalzmanにはワックスが使用されていないなんて噂を聞きました。
もしそれが本当なら熱を帯びても滑る心配がないかもしれません。
その辺は色々試して見ないと分かりませんが………

ポップスは半年経つと乾燥してくるので、3~6ヶ月毎にフレッシュな物に買い替える人もいます。
因みに自分は6ヶ月毎に買い替えています。

それから自分もそうなんですが、コルスタインの場合は1年に一回買い替える人が多いようです。

さて、Salzmanはどの位長持ちするか気になるところです。

今のところ、ポップスやコルスタインが好きな自分としては、大変好みの松ヤニです。
[PR]
by basshidejp | 2014-03-25 06:47 | 楽器
<< Salzman 続報 フラットバック >>